【刺しゅう歴20年】便利で使いやすいおすすめ刺繍道具を紹介するよ

刺しゅうの基本
スポンサーリンク

こんにちは!刺繍歴20年以上の私が日々お世話になっている刺しゅう道具を全部のせました。

何か気になるものがあったらチェックしてみてね!

【当サイトはアフィリエイトを利用しています】

ぬいうさ
ぬいうさ

刺しゅう道具をまるっと紹介するよ!

しろうさ
しろうさ

よく使うものをまとめました

刺繍に必要な道具って何?

刺繍に必要な最低限の道具は

針、糸、布、はさみ。

これさえあれば気軽に楽しめるのが刺繍の良いところだと思っています。

でも他にもまだまだ便利なものがたくさんあるので、一気にご紹介します。

刺繍道具一覧

刺繍針

普通刺しゅうにはフランス刺しゅう針が使われています。

刺しゅう針はクロバーが有名ですね!

↓こちらは色んな太さの針がそろっているので、最初はこちらがおすすめ。

↓こんなふうに1種類の太さの針が入っているものもあります。

↓こちらはクロスステッチの針。クロスステッチの針は先が丸くなっています。

こちらも太さが何種類かあるはずです。

はさみ

刺しゅうをするなら小さ目のはさみが使いやすいと思います。

糸切ハサミは小さ目でこまわりがきくので刺しゅうにおすすめ。

布切りはさみは大きいので布小物などに使いやすいです。

↓私が使っているのはこちら。見た目が可愛い!

↓こんなのも可愛いですね。

↓こちらは布切りはさみ。布を切るなら大きい方が切りやすいです

刺しゅう糸

DMC

↓刺繍糸で一番有名なのはDMCです。どこの手芸屋さんにも置いてありますね。

↓セットで欲しいならこんなのもおすすめ

COSMO

↓COSMOの糸も人気です。こちらも高品質

↓COSMOの糸セットはこちら。くすみカラーかわいい!

お手頃価格の糸

↓こちらはメーカーの刺繍糸ではないのですが、お値段がかなりお手頃なのではじめやすい!

↓お得で使いやすいのはシーチング

↓少し厚みがあって刺しやすいので初心者さんにもおすすめなのはツイル

↓刺しにくいけど、ハンカチなどを作るならガーゼが好きです

↓下絵をうつすのにコツがいるけどフェルトも良く使います

チャコペーパー

↓私が一番好きなチャコペーパーはこちら

↓色の濃い布にうつすなら白のチャコペーパーが使いやすい

↓きれいに消したいとき、水でつるっと落ちるのはこちら

↓どうしてもチャコペーパーの色が落ちないときはこれで落としてます

チャコペン

チャコペンは目安の線を描いたりするときにも使えます

↓水で消えるペンと、自然に消えるペンが一緒になっている便利タイプ

熱転写ペンシル

↓フェルトに使うならこちらがとっても便利。アイロンで転写します

刺しゅう用下地シート

↓下地シートは絵を書いてそのまま布にはって刺しゅうが出来るすぐれもの。洗うとシートはとけます

トレーシングペーパー

トレーシングペーパーは無くてもなんとかなるけど、やっぱりあると便利ですね。

刺しゅう枠

↓私が好きなのは木の刺繍枠。8センチを使っています。

↓他にもサイズあります

糸通し

↓針に糸が通らないときのストレスがゼロになります。お助けアイテム

スターターキット

はじめて刺繍をはじめるなら、刺しゅう枠もついているスターターキットも便利です。

↓こちらはCOSMOのキット。自分で用意するのははさみくらいかな?

↓こちらはメーカーのものではなさそうだけど、色々入ってます

刺繍本

↓いろいろあるけどとりあえず初心者さんにおすすめなのはこちら

のり付きボード

刺繍をパネルに貼ってかざれるものです。

↓こちらは有名なハレパネです。シールみたいになっている面に刺繍を貼って飾る事ができます

↓こちらはのり付きボード。送料込みなのでお得かな?

よく使うものをざっとご紹介しました。

刺繍はすくない道具で始められるので、最初から全部そろえなくて大丈夫です。

必要だなと思ったときにお役にたてると嬉しいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

また遊びに来てね!