【刺繍で作るコーヒーモチーフ】紙カップコーヒーの刺繍ブローチ作り方

刺しゅう
スポンサーリンク

コーヒーをモチーフにしました。

今回は紙カップコーヒーの刺繍ブローチを作りました。

ぜひ最後まで見ていってくださいね。

【当サイトはアフィリエイトを利用しています】

ぬいうさ
ぬいうさ

紙カップのコーヒー刺繍ブローチをつくったよ

しろうさ
しろうさ

お持ち帰り出来るおしゃれコーヒーですね!

紙カップコーヒーの刺繍ブローチ作り方

今回作るのはこちら!紙カップコーヒーの刺繍ブローチです。

1.フェルトに鉛筆でイラストを書く

白いフェルトにイラストをかきます。

イラストの写し方は色々あるんだけど、今回は消えるペンで書いた上から鉛筆でなぞりました。

2.ふちをアウトラインステッチで刺す

イラストのりんかくをアウトラインステッチで刺します。

糸は1本どりにしました。

バックステッチでもOKです。

3.文字を刺す

カップの中央に「coffe」と文字をいれたいと思います。

3本どりのバックステッチで文字をなぞっていきます。

ちょっと細かいので、間隔せまめのバックステッチで刺しました。

4.色をつける

では色を付けていきます。

文字の周りを白い糸で刺します。

色をつけるときは、3.4本どりで刺しています。

サテンステッチのような感じになるのですが、

文字をよけながらたての線で刺していきます。

同じ色なので、そのままカップのフタの部分を刺します。

面積の広いところはたて線で。

面積のせまい所はたてだと大変なので、ななめに刺します。

サテンステッチです。

ぬいうさ
ぬいうさ

ここから場所を移動して、外で刺したよ。

お天気もよかったので、刺しゅうピクニックだよ。

最後に残った部分を緑の糸で刺します。

ここも、たて線のサテンステッチです。

可愛い感じになってきました。

下部分も同じように刺します。

下の方が距離が長いので、ロング&ショートステッチでも良いです。

これで刺繍部分は完成です!

5.ブローチに仕立てる

ではブローチ仕立てます。

フェルトを2枚重ねてざっくり切ります。

なみぬいで、刺しゅうのふちを縫っていきます。

ぷっくりさせたいので、

途中でフェルトの切れ端を中に詰めます。

最後まで閉じたら、2.3ミリ残して周りを切り落とします。

裏にブローチピンを付けたら完成です。

6.紙カップコーヒーの刺繍ブローチの完成

可愛いのが出来上がりました!色合いも良い感じです。

文字がちょっと小さくて大変かもしれませんが、

使っている色が少ないので、他は簡単です。

他にもコーヒーモチーフの刺繍作っていきます。

コーヒーをスプーンで混ぜ混ぜしたり…

コーヒーポットから注いでみたり…

おままごとみたいで楽しい!大人も遊べます(笑)

他の刺繍もまたご紹介していきますね!

今回使った道具はこちら

イラストは自分で書きました。

↓下書きは自然に消えるタイプのチャコペンで。(私は100円ショップのものです)

↓糸はこちらと…

↓こちらを使っています

↓針はこれ。色んな太さがそろっていて便利!定番のものですね

↓刺繍枠はこちら 8センチを使っています 木の枠が好きです

↓はさみはこちら。鳥が可愛くてお気に入り!

↓布はフェルトの白を使いました。

↓私は以前まとめ買いしたものを使ったのですが、このアンティークゴールドが同じものになると思います。

しろうさ
しろうさ

今回使ったアイテムは以上です

↓使っている道具紹介の記事を書きました。

最後まで見ていただきありがとうございました!